車処分方法費用

車処分の方法・費用についてのまとめ/簡単無料で済ませるには

 

車処分の方法、費用のことで困っていませんか。

 

車処分したいけど、費用がかかるし面倒。
方法がわからない。

 

 

そのようなときは、費用や手間をはぶいて
とびきり簡単に車処分を済ませることができます。

 

車処分を頼む業者をしっかり選べば、
何万円と高すぎる処分費用を請求されたり、
慣れない手続きで遠くの役所まで、
いちいち足を運ばなくてはならないこともありません。

 

 

また、処分を予定されている車は
買取で現金になることもあります。

 

 

実は車はボロボロになっても、簡単に価値がなくなるものではありません。
処分寸前の車は、様々な形でお金になるのです。

 

愛車がこのような状況なら、

 

  • 8年落ち、10年落ちと、長年乗った車だから買取は諦めている。
  • 走行距離が10万キロ超…。
  • 外装にサビや凹みが目立ち、見るからにボロボロ。
  • 事故や故障で動かない。
  • ディーラーー下取り0円。
  • ディーラーや中古車買店などで、処分費用がかかると言われた。

 

 

査定を頼む業者を選ぶと、
買取で値段がつく可能性が出てきます。

 

 

ここでは処分予定の車がお金に変わる方法をまとめているので、
愛車の価値を知って、より納得のいく値段で
愛車を手放してくださいね。

 

 

 

 

この記事で紹介していること

 

車処分の費用は高いものではない
 廃車手続きの大まかな流れ 

 

処分するつもりの車がお金に変わる仕組み
 海外で売れることがある
 部品ごとに再利用できる
 車は資源として売買されている
 廃車にすると税金・保険金が返金される。

 

どの店で査定を受ければいいのか
 身近なところに良い店がないならネットでの申込みが簡単

 

 

長い記事になるので、
売れる可能性があるお店を手っ取り早く知りたい!
というときは、スクロールして記事の終わりのあたりをご覧ください。

 

 

 

車処分の費用は高いものではない

車処分には費用がかかるもの、
というイメージがあるかもしれません。

 

たしかに、廃車はやり方によっては
高い費用がかかります。

 

ディーラーなどのお店に車処分の代行を頼み、
数万円の費用見積もりを提出された方も
いるのではないでしょうか。

 

ただ、処分に関する手続きそのものは、
そんなに高い費用がかかるものではありません。

 

自分で運輸支局へ行って手続きをするなら、
手続自体は0円〜350円で済むんですよ。

 

 

車処分の手続き/廃車の大まかな流れ 

 

 

車を処分する時は、廃車という手続きを行います。

 

廃車手続きには二通りの手続きがあり、

 

  • 車を解体したりして、もう使わないときには…永久抹消登録
  • 売却や出張などのために、一時的に使用をやめるには…一時抹消登録

 

目的に応じて、どちらかの手続きをします。

 

これらの廃車手続きをするには、
(永久抹消登録なら、解体を済ませてから)
必要な書類やナンバープレートなどを準備してから、
住んでいる地域を管轄する、運輸支局へ行きます。

 

運輸支局では手続き当日、
ナンバープレートを返納したり、
書類を記入して窓口に提出したりします。

 

運輸支局で手続きをするさい必要な費用は、

 

  • 永久抹消登録なら無料
  • 一時抹消登録であれば350円

 

その他、手続きで必要になる書類を発行するため、
数百円が必要になりますが、
何千、何万円もかかるものではありません。

 

ちなみに廃車手続きは、お店に任せなくても、
自分ですることができます。

 

自分で廃車手続きをすれば、
書類を準備したり、運輸支局へ行ったりする手間がかかる反面、
費用は安上がりです。

 

 

廃車で数万円と高い費用がかかることがあるのは、
手続きそのものにそれだけの費用がかかるからではなく、
手続きを代行するお店に支払う、手数料のためなのですね。

 

 

 

 

処分するつもりの車がお金に変わる仕組み

車処分の手続きは自分ですれば安上がりとはいえ、
手間がかかります。

 

それをお店に代行してもらうなら、
高い手数料も仕方がないのでは?
と思われてしまうかもしれません。

 

ただ、この手数料はお店によって非常に差が大きく、
中には無料で済ませてくれるお店もあります。

 

では、無料でしてくれるお店はボランティアなのでしょうか?

 

そうではないようで、
車はさまざまな形でお金になります。

 

 

処分予定のボロボロの車であっても、
手続きの手間を埋め合わせるくらいの価値が見込めるんですよ。

 

 

 

日本の中古車が海外で売れている

 

日本では古くなったりして使われなくなった中古車も、
海外で需要が見込めます。

 

 

日本の中古車は世界中に輸出され、乗られているらしく、
たとえばミャンマーでは、明らかに日本から来たと分かる中古車が
市中をたくさん走っている光景が見られるそうです。

 

 

その他、タイ、ロシア、マレーシア、チリ、ニューージーランドなど、
世界の幅広い地域で、日本の中古車が再利用されています。

 

 

このように、日本の中古車は海外で需要があるため、
古くなっても商品として価値が見込めます。

 

 

実際に、日本で廃車寸前のボロボロの車を買取って、
海外に転売している業者もいるんですよ。

 

 

 

部品ごとに再利用できる

 

 

自動車の組み立てには数万点にのぼる部品が使われており、
その中には、エンジン、ホイール、マフラーなど、
部品単体で売買されるものが少なくありません。

 

使わなくなった車を解体して取り出した、
中古の部品も商品として売り買いされています。

 

中古の部品も、海外で需要があります。

 

 

海外で日本の中古車が盛んに再利用されると、
それにともなって、補修用の自動車中古部品が
求められることになります。

 

 

また、自動車の中古部品は、
農作業の器具やボートの動力など、
自動車以外にも使われます。

 

車は一部が壊れてだめになっていても、
部品ごとに見ると商品の山にもなるのですね。

 

 

 

 

 

車は資源として売買されている

 

処分予定の車は中古車、部品として商品になりえるほか、
資源としても価値があります。

 

 

使用済みの車などの大型の鉄製品は、
鉄スクラップとして値段がつけられ、売買されています。
相場というものもあって、値段も確かめられるんですよ。

 

 

業者ではなく一般の自動車ユーザーも、
解体業者に車を持ち込むと、鉄スクラップとしての買取で、
お金をもらえることがあります。

 

 

 

 

車処分すると税金・保険金が返金される。

 

 

ボロボロの車はその車自体が、
輸出車、部品、資源として価値があるほか、
車にかけた税金や保険金もお金に変わります。

 

私たち自動車のユーザーは、
車を所有し使用するために、

 

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険

 

の支払いが義務付けられています。
これらの税金保険金は、廃車手続きをする時期によっては、
過払いが発生します。

 

この過払い分は、受取の条件を満たし、
かつ必要な申請を忘れず行えば、
還付金という形で受取ることができます。

 

 

※自動車重量税が返金されるのは、
永久抹消登録を行ったときのみとなっています。

 

 

 

ここまでのまとめ

 

 

車はボロボロになっても、
様々な方法で換金可能な商品です。
輸出車、部品、資源として流通するほか、
税金、保険の返金という形でもお金を得られます。
買取りたがっている業者もいます。

 

廃車のためにお金を払うのはもちろん、
最初から0円が限界と決めて、査定を試さないのは
非常にもったいないことなんですよ。

 

 

 

どの店で査定を受ければいいのか

 

処分するつもりのその愛車はお金になりますが、

 

査定を頼むお店によっては、
処分の代行で費用が発生したり、0円査定だったり、
良い評価はしないかもしれません。

 

 

 

車の査定価格はお店によって差があり、
どこかのお店で買取が可能なら、どこのお店でもOK
とは限りません。

 

 

 

 

処分予定の車を売るためには、一度低い評価を下したお店に
交渉を挑んで値上げを狙う方法もありますが、
決して有利ではありません。

 

 

買取店は業務として、何台もの車を買い取っているプロですから、
一般のユーザーが彼らを相手に高値を引き出すのは、
簡単ではありません。

 

 

 

 

(何件かのお店の査定士を、同時刻に車の前に集め、
オークション形式で一斉に価格を出させると高く売れる、
という話を聞いたことがあります。

 

これなら、その車を買取りたがっている業者なら、
他の店と競争になるので、
下手な安値は提示しないと思います。

 

ただ、手間がかかりますし、
けっこうプレッシャーがきついと思いませんか?

 

大の大人を何人も集めて、
1人以外は買い取りさせずに手ぶらで帰す度胸は
私にはありません)

 

 

 

 

できるだけ楽に、費用面でのメリットも大きくするには、
ネットを利用した査定申し込みはどうでしょうか。

 

 

 

身近なところに良い店がないならネットでの申込みが簡単

 

 

車を手軽に持ち込める範囲に、良いお店がないときは、
ネットで全国対応の業者に査定を依頼できます。

 

 

より納得のいく価格で売りたいときは、一括査定

 

中古車の買取価格は、どこのお店でも同じではありません。

 

いくつかのお店に査定を頼むと、
見せているのは同じ車なのに、
買取価格に差が出ることがあります。

 

そこで、より納得のいく形で車を売りたいときは、
いくつかのお店に見積もりを頼んで、
その中から一番の高値がついたところを選ぶのが理想です。

 

 

複数のお店に見積もりを頼むときは、
一度の見積もりで複数のお店に依頼できる、
一括査定が便利です。

 

 

車売却に関する情報が豊富で、
売却に不慣れでも使いやすいサイトです。
【ズバット車買取比較】

 

 

 

 

できるだけ手間をかけずに楽に車処分を済ませるなら

 

高く売るための理想は、いくつかの買取店から見積もりを集めて
それを比較すること・・・

 

ですが、これって手間がかかります。

 

 

費用をかけずに、できるだけ手間もかけずに
車を処分したい。

 

というときは、処分費用が無料で済む、一社におまかせしたほうが簡単です。

 

 

車の処分を無料で済ませてくれるサービスに、
こちらのカーネクストがあります。
▼▼▼


 

処分手続きの代行無料
車引き取りの手数料無料
たとえ事故や故障で走れなくても、レッカー引取も無料

 

車のコンディションによっては、買取で値段がつくこともあります。

 

処分が面倒で費用をかけるしかないと思った車ほど、
カーネクストで査定を頼むメリットが大きいですよ。

 

 

 

※記事を書くさい、日本車の世界での再利用については、
こちらの書籍を参考にしました。

 

自動車リユースとグローバル市場(中古車・中古部品の交際流通)
浅妻裕・福田友子・外川健一・岡本勝規 共著
成山堂書店